投資は計画的に!

このように、投資方法は様々な種類があり、投資の種類によって投資の最低金額が大きく異なります。投資を始めようとやる気に満ち溢れている方は、儲けたいという一心で、あまり知識が無いまま投資を始めるという方も多いようですが、計画性が無く投資を始めてしまうと、最悪自己破産に繋がり、様々な弊害が表れる恐れがありますので、十分注意をする必要があります。

まず投資をする際には、自分の貯蓄や給料を見返して、生活に支障をきたさない範囲で行うことが大切です。日々の生活費や必要な貯蓄から無理に投資を行うと、投資方法によっては、万が一の時に取り返しがつかない事態に発展することもあります。投資を行う際には、無理をしないことが鉄則だと、初心者の方は覚えておきましょう。

次に、投資を始める際には、まずは慣れるために小額から利用をすることが大切です。確実に利益が出るという投資方法でない限り、大金をつぎ込んでしまうと、気が付いた時にはお金が全て無くなっているということも、投資の種類によっては珍しくありませんので十分注意しましょう。

このように、投資をする際には自分の経済状況をよく把握し、あくまで無理のない範囲で行うようにすることが大切です。

どんな投資がある?

投資の種類によって投資の最低金額が異なりますが、主に投資の相場はこのような価格が多いと言えるでしょう。

まず前ページにも記載した、株についてです。前述の通り、ミニ株などもありますので、投資の中でも比較的手が出しやすく、投資企業によっては、配当金や、株主優待をもらうことが出来る企業もありますので、株主優待をもらうだけで非常にお得になるというケースも多くあります。

次に不動産投資についてですが、こちらの場合は不動産を購入してから投資がスタートすることがほとんどですので、不動産を購入するためのまとまった資金が必要です。購入する不動産によっても異なりますが、マンションなどの部屋を購入するのであれば、400万円~2000万円前後、土地を購入するとなると、500万円~1億円と、土地やマンションのその時の時価によって大きく金額が異なりますので、一概に金額が出せません。気になる物件などがある場合は、そちらを参考にすると良いでしょう。
中にはソーラーパネルの不動産投資などもあります。こちらはマンションなどの不動産投資と違い、部屋の空きなどに影響されにくいため、比較的安定した収入を得られるでしょう。

そして、国債などの、国にお金を貸し、貸したお金に利子がつくことが儲かるタイプの投資などですが、こちらの場合は数千円から始めることが出来、余程の損をすることは無く、安定して稼ぐことが出来ることから、初心者にもオススメと言えます。

投資にかかる最低金額

株式投資や不動産投資、国債など、投資方法には様々なスタイルがありますが、何の計画も無く気軽に投資をしてしまうと、貯蓄を含めたお金が全て無くなってしまい、自己破産をせざるを得ないような状況に追い込まれる投資初心者も数多くいるようです。
投資はあくまで利益を得るために行うものですので、投資を行う際には、計画をしっかりと立て、無理のない範囲で行うことが大切です。金銭面的に大変な思いをしないためにも、投資を行う際には、投資に必要な最低金額を知っておくことが大切と言えるでしょう。

投資にかかる最低金額は、自分が行いたいと考えている投資方法によっても大きく異なります。
例えば、株式投資の場合、一株は100円から、高いものでも5000円前後からが相場となっていますが、日本株の場合は一株で購入することが出来ず、10株単位、100株単位からと、会社によって株の最低購入数が異なります。最もお得に始めるのであれば、通常の株購入金額の10分の一から始められる、ミニ株というものに挑戦してみても良いでしょう。

他にも、国債やFX、不動産投資などがありますが、特に多額の手持ちが無くても始めることが出来る投資と言えばFXです。株とは違って、非常にハイリスクですので、全く投資の経験が無い初心者がやるべきではありません。自分に合っている投資方法と言うものをよく見極めて、最初のうちは、出来るだけリスクが無いものを利用することをオススメします。